借金の返済が滞ったら

すぐに債務整理をするのではなく、まずはおまとめローンできないか調べてみてください。

債務総額こそ減らないのですが、まとまった一つの高額借入になりますから、金利(元金に対する一年間の割合を「年利」、一ヵ月の割合を「月利」、一日あたりの割合を「日歩(ひぶ)」といいますを下げることができると思います。複雑になってしまった返済管理もスッキリして、バラバラだった毎月の返済を一回で済ませられるようになります。
まずは債務を一本化して、それでも返済が難しくなった時に債務整理を行うのも遅すぎることはありません。個人再生をしようとしても、不認可となる場合が存在します。
個人再生をするにあたり、返済計画案を出すことになる為すが、裁判所でこれが認められないと不認可としてのあつかいとなります。

自然な事ですが、認めて貰えなければ、個人再生は望めません。

事故情報が信用機関に保存される期間というのは、大体5年くらいと見られています。個人の金融情報を金融業者が分かち合うために存在する機関が信用機関です。

ローンやクレジットカード(Visa、MasterCard、American Express、JCB、Diners Club、中国銀聯などがあります)の審査時、ここから金融業者は個人情報を得ています。よって、債務整理をしてから少なくとも5年の間は住宅ローンを組もうとしても望み薄になります。
お金が返せなくなって借金の整理を検討するなら、念頭に置いておかなければなりません。

任意で借金を整理すると連帯保証人まで迷惑になってしまうといったことをご存知ですか。自分で返済しなくてもいいという事は連帯保証人が代理で支払うという事になってしまいます。

ですから、その事を忘れないように心がけて任意整理をしなければならないだと思われますね。
借金滞納で債務整理しました